PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

 

LINEモバイルのメリットの一つにデータをあげたり貰ったりできる「データプレゼント」があります。格安SIMは基本的にデータ容量は少な目なのでデータのやりくりは大切です。

 

データプレゼントをうまく使えば自分の速度制限を回避できたり友達や家族を助けてあげることができます!

 

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点ふくくん

ただ誰にでも自由に好きなだけデータをあげたり貰ったりできるわけではないから特徴や注意点は知っておこうね!

そうですね!今回はLINEモバイルのデータプレゼントについて知っておきたいことや注意点を解説していきますので参考にしてください!

 
PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

データプレゼントの特徴

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

 

データプレゼントはLINEモバイルにだけ実装されているユニークな機能で、LINEの友達になっている人とデータ容量をあげたり貰ったりできるサービスです。

 

一度に最大2.5GBまでやり取りすることができ回数に上限もないため、うまく使えばデータ消費が大きい人でも速度制限にかかることなくLINEモバイルを使っていくことが可能です。

 

自分が3GBしか使えないプランで契約していても友達や家族からデータプレゼントを受けることで3GB以上のデータを使うことが可能になるわけですね

 

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点ふくくん

データをくれる友達が多ければ3GBの安い料金でも実際は大容量データを使えるなんてすごいね!

まぁ実際の使い方としてはピンチの時に助けてもらう感じになると思いますが…。日常的にデータを催促したら友達が減りそうですしね(笑)

 

データプレゼントの注意点

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

 

そんな便利なデータプレゼントですが冒頭でふくくんが言っていたように誰にでも好きなだけデータをあげたり貰ったりできるわけではありません

 

プレゼントできないデータもありますのでしっかり把握したうえでデータプレゼントを使うようにしましょう!

 

LINEモバイル同士でしか送れない

 

まず大前提としてデータプレゼントができるのは「お互いのスマホがLINEモバイルの場合」だけです。他のキャリアや格安SIMではLINEの友達であってもデータのやり取りはできません。

 

データプレゼントを使うにはLINEモバイルの公式アカウントで「利用者連携」というものをする必要があり、それはLINEモバイルの加入者しかできないからですね。

 

友達みんながLINEモバイルという状況は考えづらいので、利用シーンとしては友達で送りあうよりも家族でまとめたLINEモバイルでデータプレゼントを行う機会の方が多そうです。

 

繰り越し分や購入分データは送れない

 

相手にプレゼントできるデータはもともと自分が当月分として持っていたデータだけとなります。前月から繰り越したデータや当月に追加で購入したデータに関しては送れません。

 

つまり3GBのデータ容量で契約している人は月に最大で3GBしかプレゼントすることはできないということですね。また同じ理由で他の人からもらったデータも誰かにプレゼントすることはできません。

 

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点ふくくん

僕があげたデータを他の人にプレゼントするなんて…ひどい!

そんなひどいことはできないようになっているというわけです。安心してください(笑)

 

データプレゼントの方法

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

 

データプレゼントはLINEモバイルの公式アカウントから行う形になりますが、具体的なやり方を解説していきます!

 

基本的な設定はLINEモバイル公式アカウントの利用者連携をするだけですが、全然難しくありませんのでこの記事を見ながら設定して使い方を把握しておきましょう。

 

まずは利用者連携をしよう

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点

 

利用者連携をするにはまずLINEモバイル公式アカウントと友達になり、トーク画面を開くところから始まります。友達検索で「LINEモバイル」と打てば出てくるでしょう。

 

画面を開いたら上記画像のように「利用者連携」をタップして利用コードを入力すれば終わりです。入力したら「連携する」をタップしましょう。

 

ちなみに利用コードはLINEモバイルのマイページで確認できます。申し込む時にログイン情報を貰っているはずなのでそれを使ってログインしてくだいね。

 

PPH_purezentobox_TP_V 友達や家族に!LINEモバイルのデータプレゼントの特徴や注意点ふくくん

データを貰う側の人も利用者連携は終わっている状態じゃないと受け取ることはできないよ!

プレゼントする友達を選ぶ

 

利用者連携が終わったらLINEモバイル公式アカウントのメニュー右下にある「データプレゼント」をタップしてプレゼントする友達を選びます。

 

データは500MB(0.5GB)~2500MB(2.5GB)まで500MB刻みで選択することができるのでプレゼントする容量を選びましょう。

 

これだけでデータプレゼントの作業は完了です。ちなみに貰った人は特に何も手続きしなくても受け取れば自動でデータが増えます。

 

まとめ

 

データプレゼントを駆使することでLINEモバイルをより快適に使うことができるようになりますし、余ったデータも無駄にすることなく有効活用することができます。

 

データプレゼントは家族間で助け合う使い方をする場合に効力を発揮するでしょう。お父さんの余ったデータを速度制限にかかった娘にプレゼントするとか…ですね。

 

家族でまとめて格安SIMに乗り換えようとしているならデータプレゼントがあるLINEモバイルがおすすめです。ぜひチャレンジしてみてください!