radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!

 

格安SIMを検討している人の中には電波の入りやすさやつながりやすさを心配している人って結構多いのではないでしょうか。

 

価格が安いということは何かしら理由があると思うのが普通ですし、もし電波が悪くて圏外になったりするのならいくら安くても使いたくはありませんよね。

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!ふくくん

地下鉄通勤の人とか田舎に住んでいる人はつながらなくなったら大変だよね…

今回はそんな格安SIMの電波の入り具合について仕組みから解説していきますので、LINEモバイルに限らず格安スマホのつながりやすさを心配している人は参考にしてください!

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!

格安SIMの電波の仕組み

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!

 

まずはLINEモバイル含めた格安SIMと呼ばれるものが、どういった理屈で電波をつないでいるのかを知っておきましょう。

 

こういった電波とかの話は難しく感じてしまいますが、実は聞いてみると案外簡単だったりします。つながりやすさを理解するのに役立ちますのでぜひ知っておいてください。

 

他社の回線を借りている

 

携帯回線というのは日本のあちこちに電波塔を建てて、そこから携帯につかう電波を発信しています。鉄塔から離れれば離れるほど電波が悪くなるわけですね。

 

つまり携帯サービスを提供するにはまず電波を届ける鉄塔を建てるところから始まるということですが、格安SIMを提供する会社はもちろん電波塔を新しく建てる余裕はないでしょう。

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!ふくくん

一棟建てるのに億単位のお金がかかるからね!普通はそんなに初期投資できないよ!

じゃあどうしているのかというと、話は簡単で既にあるドコモやau、ソフトバンクの電波をレンタルしているというだけなんですよ。

 

つながりやすさはキャリアと同じ!

 

キャリアの電波をレンタルしているということはつながるエリアはそのレンタル元のキャリアと同じと言えます。

 

LINEモバイルはドコモの回線を借りているのでつながりやすさはドコモと同じなんですね。ドコモはNTT系列で元国営というだけあってキャリアの中でも電波の入り具合は優秀です。

 

ですからドコモスマホからLINEモバイルに切り替える人は同じ感覚で使えますし、auやソフトバンクから切り替える人はむしろ電波状況はよくなるかもしれません。

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!ふくくん

こうした回線をレンタルする形態を「MVNO」と言うんだよ!

ですから格安SIMが安いからといって電波の入り具合を心配する必要はないのです。普通に携帯がつながる地域に住んでいるなら安心して大丈夫ですよ。

 

キャリアと同じ電波なのになぜ安いのか

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!

 

「キャリアと同じ回線使っているならなんで料金が安いのよ!」「同じ回線なら料金も同じじゃないの?」と思う人もたくさんいると思います。

 

大手キャリアのプランでは5GBで5400円というのが一般的ですが例えばLINEモバイルなら同じ5GBで1640円です。半額以下の価格で同じ容量のデータが使えます。

 

これは電波塔を建てる初期投資をしていないから実現できる安さだと言えるでしょう。

 

大手キャリアは日本全国に数多くの電波塔を建設しているので莫大な初期投資をしています。その分料金も高めに設定しないと割に合わないわけです。

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!ふくくん

LINEモバイルは初期投資がない分をお客さんに還元しているということだね!

 

LINEモバイルの電波の評判

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!

 

理屈では電波の入り具合は大手キャリアと変わらないということがわかっていただけたと思いますが、それでも実際に「格安SIMは電波が悪い」と言われているのも事実です。

 

これは電波が入りづらくなっているというより速度が出ていないといった意味であることが多いですね。同じ電波を使っていても格安SIMだけ速度が遅いということはあり得ます。

 

同じ道路でも車線の数が違えば渋滞しやすさは変わりますよね。ドコモが10車線持っていて格安SIMの会社が3車線しかなければドコモより混雑しやすくなるのは当たり前です。

 

radio-telescope-2152379_1920 LINEモバイルは電波悪い?格安SIMのつながりやすさを解説!ふくくん

でもLINEモバイルは他社の格安SIMに比べて速度が出やすいと言われているね!

そう、LINEモバイルの場合は他の会社に比べて速度が段違いに速いことで評判です。場所によっては本家ドコモよりスピードが出ているケースもあるみたいですね。

 

格安SIMの会社の中では遅めに参入したおかげで利用者が少なく回線が空いているなんて言われていますが、速度が出やすいというのは大きなメリットです。

 

 

twitterでもLINEモバイルがつながりやすく、速度が出やすいという意見はよく見られますね。

 

まとめ

 

今回の記事をまとめると以下のようになります。

 

  • 格安SIMは大手キャリア回線を借りている
  • 繋がりやすさはキャリアと変わらない
  • 速度は出にくくなることがある
  • LINEモバイルは速度も問題なし

 

安い理由を電波が悪いとかつながりづらいからだと考えていた人にとっては安心できる内容だったのではないでしょうか。僕もLINEモバイルですが今のところ不満はありません。

 

電波やスピードの問題で格安SIMをためらっていた人はLINEモバイルに挑戦してみてください!